2009年 07月 06日

CTE

b0116272_041594.jpg




b0116272_0421791.jpg




b0116272_0423358.jpg



今日もまた午後から成田へ。日中はCanonで撮影してましたが夕方になりやっと天気が回復し少し空が焼けてきたのでK-7にスイッチしました。
新しく搭載されたWB、CTEとAF-Cの精度を試してみました。

新しいWB:CTEは色を補正するのではなくその場の雰囲気を強調するモードです。(そもそもCTEって何の略?)
このような場面では夕焼けの雰囲気が強調されています。
autoや人工光源での補正が強力になったのでその代わりに搭載されたのだと思います。
この辺りの親切さはPENTAXらしいところです。

ただし後からは付属ソフトでも変更出来ないので撮影時に設定するかボディ内現像する必要があるのが残念な点です。

AF-Cに関してはこの程度の被写体ならある程度明るければ全く問題なし。3枚目より暗くなってくると精度が落ちてきます。
この位の暗さになると半分くらいはピントをはずしていました。
一生懸命ピントを探っているのがファインダーを覗いていても分かりました。
やはり条件が厳しくなると40Dとの差は明確なようです。
ただしこの点はAFの遅いマクロレンズも影響しているかも知れません。
[PR]

by tiger-k100d | 2009-07-06 01:08 | airplane


<< 花蓮      k-7 カスタムイメージ >>